運行管理者試験が終わったニャ!

運行管理者試験が終わったニャ!

— メイにゃん —
ようやく、運行管理者試験が終わったわね。

— グミにゃん —
ねこ茶、お疲れ様!

— ねこ茶 —
多分、合格しておるじゃろうな。

自己採点では、合格基準点よりも20点以上高かったからのう。

— メイにゃん —
でも、最近は黒猫の「アズにゃん」が、ねこ茶に思いっきり甘えてて、私の影が薄くなってるわ…。

— ねこ茶 —
まあ、アズにゃんは多分、子猫の頃に猫ボラさんに可愛がられたのじゃろう。
あまり気にする必要はない。メイにゃんは、メイにゃんなりに甘えればいいのじゃ。

ところで、最近、奇妙な情報に接するようになった。
このサイトの「スピリチュアリズム」や「死んだ動物との再会」に関心がある人は是非、自分でも調べてみてほしい。

検索キーワードは、「アセンション」「コズミック・ディスクロージャー」「コブラ」「PFC-JAPAN」などじゃ。Youtubeなどでも多くの番組が作られているので、そちらで確認してほしい。

要約すると、現在「銀河系」は、宇宙でエネルギーが活発な地域に突入しており、その影響で太陽活動も活発になり、波長が高まり、我々の住む地球全体も波長が高まる「イベント」「アセンション」と呼ばれる現象が、近いうちに発生するということじゃ。

この「イベント」には、多くの宇宙人(地球外生命体)や地球に住む人間外の知的生命体が関わっており、人間社会を激変させるという。
これらの話を昔の私だったら妙なオカルト話として全く相手にしなかったじゃろうが、出てくる証拠や写真が膨大で、とても全部作り話とは思えないのじゃ。

また、近年、発見された「シュメール文明」は、日本人の祖先とも言われている文明なのじゃが、約6000年前に突如中東に発生し、遥か昔に係わらず、白内障の外科手術、2院制の共和制度、「海王星、天王星、冥王星」を含む完璧な太陽系図の作成もしていたのじゃ。その文明の発生には「宇宙人」が深く関わっていると考えられておる。

なぜなら、「海王星、天王星、冥王星」は現代文明では約100年前に見つかった惑星であるのに、シュメール文明では、「海王星、天王星、冥王星」の配置だけでなく特徴や環境まで記述しているからじゃ。そして、その文明の文字を使った石板が近年になって日本の神社で大量に見つかっておるのじゃ。

そして、100年前に現れた多くの高級霊なども、人間が未発達な種族であり、宇宙には遥かに進化した生命体が数多く存在することを述べておる。

ワシが、この話題を敢えて持ち出したのは、どうやら、その「イベント」というものが発生した後は動物の肉を食べること、動物を殺すことは禁止されるそうじゃ。
ワシは2年前から、自分で動物肉を買って食べることは止めているが、それが社会制度として採り入れられるそうじゃ。

動物を殺して食べることを肯定することは、全ての魂・霊が下等な段階から、神に匹敵する天使へと進化する永遠の存在であることを否定する行為なのじゃ。

— 福にゃん —
ねこ茶は、もう寝る時間なのにゃ!