人生が、真に始った瞬間じゃった!

人生が、真に始った瞬間じゃ!

— メイにゃん —
ねこ茶、今日は1年前に描いた絵を見せてくれるだって!!
ワクワクしちゃうわ!

— グミにゃん —
ねこ茶の絵、「楽しみ」だな!

— ねこ茶 —
う~ん!
コレじゃ!ジャジャーン!
(左斜め上の絵じゃ)



— メイにゃん —
ジャジャーン!じゃないわよ!
本当なの、ねこ茶!
この絵で、イラストレーターを目指す!とか言っていたの?
正気なの?、馬鹿なの?

— グミにゃん —
ねこ茶、ちょっと私もビックリだよ!
だって、私たちのことを描いたのも「ねこ茶」でしょ?

— ねこ茶 —
もちろん20年前に右手で描いていた時は、もっとマシな絵じゃったよ。
専門学校では「特待生」になったのじゃから。

でも、20年も描いていないと人体の部位の形状、描き方の技法など殆ど全て忘れておるから、何から描き始めたら良いのかすら分からんかった・・・!

加えて、今回は初めて左手で描き始めたので、手の感触の違和感などもあって、最初は絶望的なまでに下手じゃった…。
これが分かっていたから、これまで10年以上、左手の訓練を続けながらも「実際に描き始めること」が出来なかったのじゃ…。

— メイにゃん —
つまり、下手な絵を向き合うの怖かったってこと?
はぁ~、本当に情けないわね!

— ねこ茶 —
うん!本当に情けなかった・・・。
描きたい気持ちがあるのに、怖くて始められない自分が、本当に情けなかったよ・・・。

— グミにゃん —
メイにゃん、そんな言い方は酷いよ!

— 福にゃん —
ねこ茶の場合は、昔、ある程度「描けた分」、それよりも下手な状態でスタートするのが怖かったのじゃろうな!
プロを目指すとなれば、なおさら「下手な絵」と向き合うのは辛いだろうニャ。
 
— メイにゃん —
ねこ茶、でも今は夢へと一歩ずつ近づいていることを感じさせてくれるわよ!
一歩一歩、進化しているのが感じ取れるもん!

— グミにゃん —
でも、ねこ茶は、どうして描き始めることができたの!
どうやって、恐怖を克服したの?

— ねこ茶 —
う~ん!それは、ワシもよくわからんのじゃ。
始める日を、5/17にしたのは「亡くなった母」の誕生日プレゼントにしたかったからじゃ。

「お供え物」ではなく、「再び絵を描く」という行為をプレゼントにしたのじゃ。

でも、なぜ、このタイミングで突然、描く勇気が生まれてきたのかは、全くわからん。切っ掛けは、amazonで最新のペンタブレットが表示されていて、「昔は4万円くらいしたペンタブレットが、今は6,000円くらいで買えるのか…」と見ていたら、思わず購入してしまったのじゃ。

今から考えてみれば、知らないうちに絵を描くための準備を少しずつ進めていたことになるかのう~。

— メイにゃん —
それで、ケチな、ねこ茶はペンタブレットの元を取るために描き始めたと…いうわけね!
なんだか、しょぼい理由だわね!

— グミにゃん —
そんなことないよ、メイにゃん!
人生の転機は、偶然のような、思わぬことから始まるんだから!
たぶん、「ねこ茶のお母さんや指導霊さま」が、そう仕向けたんだよ。

— 福にゃん —
そうじゃ。その時、ねこ茶はデスクトップPCも購入したから、かなりの出費をしたのニャ!
もしかしたら、ねこ茶の「ハイヤーセルフ」が望み、ねこ茶に働きかけた結果かもしれんニャ!
— メイにゃん —
え!
その「ハイヤーセルフ」って何なの?

— グミにゃん —
メイにゃん!
ハイヤーセルフっていうのは、ねこ茶の魂の「本流」のことだよ。
私たち猫も死後は、人間のハイヤーセルフに似た「類魂」という本流へと帰っていくんだよ。

物質界で暮らす「スピリット」は、どれも「本体のスピリット100%」の内、ほんの欠片だけが誕生してきているだけなんだ。

— ねこ茶 —
最近知った、バシャールという地球外知的生命体からのメッセージがそれらについて上手く説明しておる。
チャネリングによって得られたメッセージの内容は、100年前の霊界通信(シルバーバーチの霊訓、霊訓、ベールの彼方の生活、霊の書)などと、ほぼ一致しておるよ。

私が「シルバーバーチの霊訓」を知り、霊訓を実践することを決意してから、僅か2年で、ワシの周囲環境、精神、未来も、想像もできない程劇的に変化した。

多くの人は、これらのメッセージを疑い、あるいは笑い飛ばし、聞くことすらしないじゃろうが、ワシの人生の変化が、メッセージの「真実性」を証明しておる。
そして、理解が深まれば、深まるほど、メッセージに込められた意味に更に奥行きがあることがわかるのじゃ。

さらに、自分を支えてくれる精霊やスピリットの存在を感じ、メッセージを受け取りやすくなるのじゃよ。
これらは、10年間毎日続けた仏壇の前での「お祈り」の成果かもしれが…。

たぶん、世間の人の99%は、これらの存在、力と無縁なまま、一生を終えるのじゃろうが、残念じゃの・・・。

 

— ねこ茶 —
ワシが絵を描くことを宣言するとき、仏壇前に跪いて、画板を差し出し、

「どうか、もう一度、絵を描かせてください…描きたいという気持ちをどうしても捨てられません…」
「何度、挫折しても、絶望しても、描くのを諦められないと悟りました…」
「どうか、私に多くの教えを与え、お導きください。今度は絶対に諦めません!」

とお祈りしたのじゃ。

その瞬間、目から自然に涙が溢れだしだのじゃ…
その時、本当に自分の望むことに繋がったこと悟った。
ワシの人生が、真に始った瞬間じゃった。


運行管理者試験が終わったニャ!

運行管理者試験が終わったニャ!

— メイにゃん —
ようやく、運行管理者試験が終わったわね。

— グミにゃん —
ねこ茶、お疲れ様!

— ねこ茶 —
多分、合格しておるじゃろうな。

自己採点では、合格基準点よりも20点以上高かったからのう。

— メイにゃん —
でも、最近は黒猫の「アズにゃん」が、ねこ茶に思いっきり甘えてて、私の影が薄くなってるわ…。

— ねこ茶 —
まあ、アズにゃんは多分、子猫の頃に猫ボラさんに可愛がられたのじゃろう。
あまり気にする必要はない。メイにゃんは、メイにゃんなりに甘えればいいのじゃ。

ところで、最近、奇妙な情報に接するようになった。
このサイトの「スピリチュアリズム」や「死んだ動物との再会」に関心がある人は是非、自分でも調べてみてほしい。

検索キーワードは、「アセンション」「コズミック・ディスクロージャー」「コブラ」「PFC-JAPAN」などじゃ。Youtubeなどでも多くの番組が作られているので、そちらで確認してほしい。

要約すると、現在「銀河系」は、宇宙でエネルギーが活発な地域に突入しており、その影響で太陽活動も活発になり、波長が高まり、我々の住む地球全体も波長が高まる「イベント」「アセンション」と呼ばれる現象が、近いうちに発生するということじゃ。

この「イベント」には、多くの宇宙人(地球外生命体)や地球に住む人間外の知的生命体が関わっており、人間社会を激変させるという。
これらの話を昔の私だったら妙なオカルト話として全く相手にしなかったじゃろうが、出てくる証拠や写真が膨大で、とても全部作り話とは思えないのじゃ。

また、近年、発見された「シュメール文明」は、日本人の祖先とも言われている文明なのじゃが、約6000年前に突如中東に発生し、遥か昔に係わらず、白内障の外科手術、2院制の共和制度、「海王星、天王星、冥王星」を含む完璧な太陽系図の作成もしていたのじゃ。その文明の発生には「宇宙人」が深く関わっていると考えられておる。

なぜなら、「海王星、天王星、冥王星」は現代文明では約100年前に見つかった惑星であるのに、シュメール文明では、「海王星、天王星、冥王星」の配置だけでなく特徴や環境まで記述しているからじゃ。そして、その文明の文字を使った石板が近年になって日本の神社で大量に見つかっておるのじゃ。

そして、100年前に現れた多くの高級霊なども、人間が未発達な種族であり、宇宙には遥かに進化した生命体が数多く存在することを述べておる。

ワシが、この話題を敢えて持ち出したのは、どうやら、その「イベント」というものが発生した後は動物の肉を食べること、動物を殺すことは禁止されるそうじゃ。
ワシは2年前から、自分で動物肉を買って食べることは止めているが、それが社会制度として採り入れられるそうじゃ。

動物を殺して食べることを肯定することは、全ての魂・霊が下等な段階から、神に匹敵する天使へと進化する永遠の存在であることを否定する行為なのじゃ。

— 福にゃん —
ねこ茶は、もう寝る時間なのにゃ!

サイトの過疎化が一気に進んだニャ!






サイトの過疎化が一気に進んだニャ!

— メイにゃん —
最近、訪問者がほんと少ないわね。

— グミにゃん —
ねこ茶、どうしてなの?!

— ねこ茶 —
多分、霊界通信に関する書籍の引用が多すぎるからじゃな。

グーグルから「コピーサイト」として検索のペナルティを受けたのじゃろう。

それでも、引用の中身を是非知ってほしいので、収益のないサイトになっても続けるつもりじゃ。
それと同時に、絵の上達も進んでおるし、運行管理者試験の勉強も進んでおる。

自分の生きざまから「霊訓の真実性」を証明したいと考えておる。

— 福にゃん —
ねこ茶は、本気なのにゃ!

— メイにゃん —
試験が終わったら、新しい仲間の黒猫「あずニャン」を紹介しますね~♪


最近「AIモノ」のアニメ作品が増えたのう。



ゴブリンスレーヤーの「神官」を描いてみたらニャ!

— メイにゃん —
最近、ゴブリンスレーヤーのネタ多いね。

— グミにゃん —
ねこ茶は、気に入っているの?!

— ねこ茶 —
いや、良い作品だとは思うが、特に大好きというわけでもない。
ただ、題材があった方が、描きやすいというだけじゃ。

話は変わるが、最近「AIモノ」のアニメ作品が増えたのう。AIが心を持ち、人間のようになっていく話が多い。「イブの時間」、「プラネテリアン」、「BEATLESS」など色々じゃ。
ワシは、AIを題材にした作品は好きなのじゃが、シルバーバーチなどの高級霊の話では「ロボットが心を持つことは絶対にない!」そうじゃ。

心の変化とは「霊の活動」であって、「物質の活動」ではないのじゃ。感情、愛情、気高さ、高貴さ、勇気、恐れ、悲しみなど、全て肉体ではなく霊から発せられているので、霊界がロボットに「霊」が宿ることを認めない限りは、ロボットが人間のようにふるまうことは永遠にあり得ない。

じゃが、シルバーバーチなどの高級霊は、もし人間が霊界と波長を合わせることができる「通信機」を発明しても、霊界側は絶対に応答しないと明言しているので、ロボットが心を持つようなこともないじゃろうな。夢のある話ではあるが、霊界の摂理は、もっと壮大で幻想的な物語なので、ワシは霊界の話の方が好きじゃな。

— 福にゃん —
ねこ茶は、ほんとにシルバーバーチ好きなのにゃ!

— メイにゃん —
私も、いつか霊界に行くのが楽しみ~♪


ゴブリンスレーヤーの「エルフ」を描いてみたら失敗したニャ!

ゴブリンスレーヤーの「エルフ」を描いてみたら失敗したニャ!

— メイにゃん —
え~、この絵が失敗なの!
何が悪いのか、わからないんだけど。

— グミにゃん —
奇麗に描けてるよね~!

— ねこ茶 —
いや、奇麗がどうかが問題ではないのじゃ。
ワシは描こうとしたときにイメージしたのは、「ゴブリンスレーヤー」に出てくる、元気で明るく、生意気そうな「エルフ」なのじゃ。

じゃが、出来上がってみたら「ロードス島戦記・風」のエルフになってしまった…。

顔の雰囲気が出来上がったときに「あ~、イメージと違う。失敗じゃ」と思い、描き直そうと思ったのじゃが、せっかく途中まで描いたのだから、これはこれで練習画として完成させてしまったが・・・。

それでも、モヤモヤとした気持ちは治まらんのう。しかもデッサンも狂ってしまったし。

まあ、エルフを描いたのは初めてなので、耳をどう描いたら良いのか分からず、結構苦戦したのう。

今日は、休みなのでもう一枚描きたいところじゃが、試験勉強と夕飯の準備を考えると厳しそうじゃのう。
段々と上達するにつれて、練習画というよりも「作品の下書き」 のような完成度になっているため、描くのに時間がかかるようになって大変じゃ。

それでも、昨年にシルバーバーチの教えを知り、それを実践しようと決め、今年の春にはイラストレーターを目指そうと決意できた。
あの世に行ったら、シルバーバーチにお礼を言いに行かなければいけないのう。

— 福にゃん —
ワシはシルバーバーチにいつでも会いに行けるにゃ!

— メイにゃん —
私も、いつの間にか、おばあちゃん猫になっちゃった!、てへへ♪