「布団・カーペット・畳・マットレス」のダニを駆除する方法

畳やカーペットの「ダニ」を簡単に駆除できる方法とは?

グミにゃん:
「ホウ酸」を使うと、ダニ、ノミ、カビを防止できるって本当?
ねこ茶:
「ホウ酸」には細胞を死滅させる働きがある。
だから、虫や雑菌の殆どを駆除できるのじゃ。
メイにゃん:
そんなに強い毒なら、私たちにも害があるんじゃないの?
ねこ茶:
犬・猫・人間にとってホウ酸は、ほぼ無害といって良い。
哺乳類動物は「腎臓」でホウ酸を濾過できるからじゃ。
福にゃん:
ホウ酸は、食塩と同じくらいの安全性があると言われているニャ!

「ホウ酸」でダニ・ノミを簡単に駆除して、繁殖防止の対策もできる


ダニは、カーペットに落ちている「人間のフケ、食べ物くず、垢」などを餌にして生きています。

もし、それらの餌に「毒」を仕込むことが出来れば、簡単にダニを全滅・駆除できるだけでなく、ダニの発生も予防できます。

その「ダニの毒」として使えるのが、目の消毒などに使われる「ホウ酸」です。

ホウ酸の粉末を水に溶かして「ホウ酸水」を作り、「霧吹き」でカーペット、畳、布団、マットレスなど、ダニを駆除したい場所に散布した後、乾燥させます。

たった、これだけの処理で、ダニを殺し、その後のダニの発生も抑えることが出来ます。

 

ホウ酸水の散布でダニの幼虫・卵も駆除できる

カーペット、畳、布団、マットレスなどには目に見えない程の小さなダニの卵が沢山産み付けてあります。
これが、湿度、温度が最適な季節になると一斉に孵化して、大量のダニへとなっていきます。

ですが、「ホウ酸水」を散布すると、ダニの卵の中に染み込み、ダニを卵の状態のまま殺してしまいます。

ホウ酸は、殺虫剤と違って乾燥すると「結晶」となり、繊維の中に半永久的に留まるので、ホウ酸水が散布された布団、カーペット、畳は、ダニが繁殖・成長することができなくなります。

この効果は、ホウ酸を水で洗い落さない限り、長期間持続しますが、家の中では毎日新たな「ダニの餌(フケやゴミ)」が撒かれているので、定期的に「ホウ酸水」を散布することで、家からダニを完全に排除することが可能になります。

このホウ酸水を散布して、ダニを駆除する方法は、アメリカの「ダニ駆除業者」も採用している方法で、安全性や効果が広く認められています。

 

アメリカでの「ダニ駆除業者」のダニ駆除方法

アメリカで開発された、ホウ酸を使ったカーペットの防ダニ処理、ダニ駆除方法は実に簡単です。

  1. カーペットに「ホウ酸水」を散布
  2. 余分なホウ酸水を拭きとる(業者は真空掃除機を使うが、雑巾などでも可能)
  3. カーペットを自然乾燥させる

この処理方法で、ダニやノミは数年間は発生できなくなり、家の中からダニ・ノミが完全にいなくなります。

 


ADVERTISEMENT

 

ホウ酸は、ダニ、ノミ、ゴキブリなどを確実に殺す「毒薬」


ホウ酸は、生物にとって「強力な毒物」です。
虫や雑菌などが摂取したホウ酸塩は、細胞へと送られますが、細胞中のホウ酸濃度が一定濃度を超えると、細胞の代謝反応が出来なくなり、細胞自体が死んでしまいます。

この細胞を活動停止させる作用が、ホウ酸を取り入れた「虫や雑菌」を確実に殺すのです。

ホウ酸は、動植物が生きていくために必要な「代謝反応」を止める遅効性の毒なので、逃げた虫でも確実に駆除します。

ホウ酸 粉末
化学用 500g
ホウ酸「タイセイ」
3g×16

 

ダニ・ノミを殺す「ホウ酸」が、何故、人間には安全なの?

ホウ酸の防虫、防腐効果を人に説明すると、必ず「それって本当に安全なの?」という質問をされます。

ホウ酸は、人間、猫、犬などに対しては「とても安全」です。
ホウ酸の人体への有害性は「食塩」と同じ程度とされています。

ホウ酸が人体に安全であることの証明として、

  • アルコールが発見されるまでは、医療では傷口をホウ酸水で消毒していた
  • 現在でも目を洗う際には「ホウ酸水溶液」を消毒液として用いる
  • 冷蔵庫が普及する前は、食品保存剤として世界中で使われていた
  • 化粧品の保存剤として現在でも使用されている
  • 米国では布団やクッションに「ホウ酸」を添加することを義務付けている
  • 米国、英国では、住宅の断熱材、仕切材、合板にはホウ酸が添加される
  • 米国環境保護局(EPA)に屋内の害虫駆除剤としての認可を受けている

・・・など、数えきれないほどの安全性に関する実績があります。

 

哺乳類は、ホウ酸を「腎臓」で排出できるから安全

ホウ酸が、雑菌の繁殖を抑える「仕組み」は、食塩によるものと非常に似ています。
人間は食品を長期保存するために「食塩」を用いますが、この保存食の塩分によって死んでしまう人はいません。

それは、人間には「腎臓」があるので余分な塩分を体から排出できるからです。
ホウ酸の場合も同じように、腎臓を使って排出できるため、人体に安全なのです。

そして、ホウ酸が安全なのは人間だけでなく、犬や猫などの他の哺乳類にとっても同じことです、
皮膚などから吸収される微量なホウ酸は、腎臓によって「ろ過」され、すぐに体外へと排出されます。

ホウ酸は、哺乳類にとって「安全性が高く」、虫や雑菌には「毒性が高い」という性格を持った薬剤なのです。

害虫駆除に殺虫剤を用いるより、子供やペットに対して遥かに安全な生活用品ですので、日々の生活に是非役立てましょう。

ホウ酸は、薬局、スーパー、ドラッグストアなど色んなお店で購入できます。

 

ホウ酸水を使ってペットの寝床のノミ退治もできる

犬や猫の寝床(カーペットやクッション)などにホウ酸水を散布することで、安全にノミの駆除もの出できます。(※ホウ酸水を「犬や猫」に、直接吹き付けてはいけません!)

ノミの場合も、ダニと同じように、幼虫はホウ酸水の染み込んだ餌を食べて死んでしまい、卵はホウ酸水を吸収すると孵化できなくなります。

ノミの成虫寿命は約2週間ですから、ノミの発生源の「カーペットや毛布」などにいる幼虫、卵をホウ酸水で全滅させれば、2週間後には成虫のノミもいなくなります。

 


お掃除とDIYに関するページ一覧は下記のリンクへどうぞ

ADVERTISEMENT

ADVERTISEMENT