「フッ素不要の虫歯予防」、子供の虫歯を簡単に予防する方法

「フッ素」も「マウスウォッシュ用品」も不要、簡単に子供の虫歯を防ぐ方法

ねこ茶:
さて、質問じゃ!
虫歯を予防するには何が良いか知っとるかのぅ?
グミにゃん:
かんたーん!
「フッ素」でしょ?
メイにゃん:
私も「フッ素」だと思うわ!
(え!、「フッ素」って何…?)
ねこ茶:
ブブー!、答えは「重曹」じゃ!
ケーキ作りなどに使う粉じゃよ。
メイにゃん:
何よ!、そんなの初めから知ってたわよ!
(え!、「重曹」って何…?)
福にゃん:
………?

毎日、歯磨きしても「虫歯になる人」に試してほしい虫歯予防法

毎日、しっかり歯を磨いているのに、久しぶりに歯医者に行くと「けっこう虫歯ありますね~」と言われてしまうことありますよね。
磨いているつもりでも、歯の隙間歯ブラシの届きにくい箇所などが、どうしても虫歯になってしまいます。

ですが、本当に「簡単!簡単!超か~んたん」に、「虫歯を防ぐ方法」があったんです。
ねこ茶も、それを知ってから、毎日継続しています。(2年以上経過:2017年時点)

虫歯の予防だけでなく、虫歯の進行・悪化も防ぐ「重曹」の力

虫歯を簡単に防ぐ「秘密」は、スーパーで70円程度で売っている「重曹」の粉です(ケーキに使うふくらし粉)。

これを、水に溶かして、食後にうがいするだけで「虫歯の予防」ができるのです。
ただ、うがいをするだけなので、小さな「子供」にも簡単にできます。

自宅で毎日、簡単に出来て、しかも安い「虫歯の予防法」です。
「薬」、「ワクチン」、「マウスウォッシュ」などを一切使わないので、継続して経済的に大きな負担はありません。


ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

なぜ「重曹」で虫歯の発生・進行・悪化を防げるのか?

歯医者さんのブログによれば(娘さんを使った実験)、「軽い虫歯」程度ならば「重曹(食用)」だけで完治させてしまう程の効果があったとのことです。

「重曹(食用)」で歯が蘇る仕組みは簡単で、重曹によって「虫歯菌」が出す「酸」が中和されて歯の再石灰化が活発化するからです。
「虫歯菌」が酸を大量に出す「食後」に「重曹(食用)」を使って「うがい」をするのが最適です。

毎日「重曹(食用)」を使って歯を磨く、うがいをする、だけで歯の表面が段々と丈夫になっていきます。

「重曹」で虫歯を予防できる化学的な仕組み

歯医者さんによる「中和」の詳しい説明を紹介すると、
HCO3- + H+ → H2CO3 → H2O + CO2
という仕組みで、「重曹」によって口の中の酸が「中和」されているようです。

いや~!、なるほど~!!!
……さっぱり、分かりませんね!(/≧∀≦\)
それでも、今日もねこ茶は、「重曹うがい」虫歯予防をつづけています!

※詳しい仕組みと化学式を理解して、納得したい人は下記リンクで勉強してくださいね。
>>>「歯科医院の高楊枝通信…重曹が虫歯に効くワケ」


「重曹」を使って虫歯予防うがいをするには?

重曹は水に溶け難いので「ぬるま湯」で溶かします。
少し「しょっぱい」味がしますが慣れてしまえば気になりません。
「重曹(食用)」は、調味料用ケースに入れて使用すると歯磨きの後に簡単に使えて便利です。

「重曹」でうがいをした後には、いばらく時間を置いてから「水」で口を濯ぐとスッキリできます。
※「重曹うがい」の直後に、水で口を濯ぐと、十分に中和できない可能性があります。

タンサン (重曹) 50g×10個 iwaki ふりかけボトル
※「重曹」は必ず「食用」と記載されているものを使用してください。
※お掃除用・工業用の重曹を使ってはいけません。
健康食品・グッズに関するページ一覧は下記のリンクへ

ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT