トイレに流せる猫砂・可燃ゴミに出せる猫砂の比較とお値段

猫ちゃんのトイレ用の砂をどう選ぶ? あなたの猫ちゃんは紙系・木系・おから系?

グミにゃん:
ねぇ、ねこ茶、どうして私のトイレは2種類の砂が入っているの?
ねこ茶:
おからの砂は、グミにゃんにとっては扱いやすいが、尿の吸収が弱い。
そして、紙の砂は、尿の吸収は良いんじゃが、粉っぽくて、猫にとっても扱い難いから混ぜているんじゃ。
グミにゃん:
ふ~ん。他には猫のトイレの砂はないの?
ねこ茶:
木系の砂もあるようじゃ。
粒の大きさは、紙系>木系=おから系じゃから、
木にするか、おからにするかは気分と値段の問題じゃな。
グミにゃん:
木製の砂・・・試してみたいな♪
どんな香りがするんだろう?

猫ちゃんのトイレの砂は何が良いの?

猫ちゃんのトイレの砂には、鉱物系、紙系、おから系、木系4種類があります。

ねこ茶の家では、昔から鉱物系は使っていません。鉱物系の砂は、猫ちゃんにとっては天然の砂の形状に近くて扱いやすいのかもしれませんが、「可燃ごみ」として捨てられません。

そうすると「不燃ごみ」で捨てることになりますが、ねこ茶の住む地域では「不燃ごみ」は月に1~2回しか回収に来ません。こんなに長期間、猫の汚物を部屋に保管できませんので、ねこ茶の家では、昔からおから系と紙系の砂がよく使われてきました。

そのような事情から、ねこ茶が母から「グミにゃん」を引き継いだ後も、自然とおから系と紙系の砂を使うようになりました。ちなみに今では、紙系、おから系、木系の砂を混ぜて使ってます。
ねこ茶は、混ぜる比率は、紙系:おから系=2:1、または、紙系:木系=2:1でやっています。この比率だと、紙系の吸収率の良さと、粒の小さいおから系、木系の滑らかさが両立できるからです。

猫の砂画像猫ちゃんたちは紙系のみの砂を使っていると、用を足した後に「砂かけ」しなくなる傾向があります。おそらく、紙系の砂の粉っぽさと、自然の砂とあまりにも違う質感のせいだと思います。
ですが紙系の猫砂の上に、細かい粒のおから系、または木系の猫砂を敷いて上げると「キチンと砂かけ」をするようになります(一般的に猫ちゃんは、自然の砂の質感に近い、細かい粒の猫砂の方が好みです)。

複数の種類の砂に日ごろから猫ちゃんが慣れていると、「その時安売りしている猫砂」を使えますし、万が一、特定の猫砂が入手できなくなっても慌てる必要が無いというメリットもあります。

■飼い主さんの好みと猫ちゃんの好み
「猫の砂」も「猫のトイレ」も、人間側の事情で様々種類の製品が開発され、いつも新製品が売り場を賑わしていますが、猫ちゃんにとって「改良された猫砂・トイレ」が良いかどうかは使ってみないと分かりません。

さら、臭いや固まり方など人間の好みも加わり、ネットでの猫砂の商品レビューは常に「賛否両論」状態です。このページでは、代表的なメーカーの猫砂(鉱物系を除く)を紹介しますが、たとえ飼い主さんが「これは良い!買いだ!」と思っても決して”まとめ買い”はしないでください。

最終的に、その猫砂が良いかどうかを決めるのは、あなたの家の「猫ちゃん」です。肝心な猫ちゃんに拒否されると、せっかく大量に買った猫砂を破棄しなければいけなくなってしまいますので・・・。


ADVERTISEMENT

猫砂の系統別のメリットとデメリット

紙系 [紙系猫砂のメリット]:
  • 燃やせる、「可燃ゴミ」に出すことが出来る。
  • トイレに流せる商品もある。
  • 吸水力があり、よく固まる。
  • とても軽い。
  • 粒が大きいので、猫の指の間に挟まりにくいため散らかりにくい。
  • 猫が尿をした場所の色が変わるので掃除がしやすい。

[紙系猫砂のデメリット]:
  • 紙の粉末が飛ぶため、埃っぽい。
  • 粒が大きめなため、猫が砂をかけない場合がある。
おから系 [おから系猫砂のメリット]:
  • 燃やせる、「可燃ゴミ」に出すことが出来る。
  • トイレに流せる商品もある。
  • 吸水力がやや弱いため、猫トイレの底にまで尿が到達する。
  • 鉱物系の砂よりは軽い。
  • 粒が小さめなので、鉱物系の砂に近く、猫が気持ちよく砂かけできる。
  • おからなので埃を吸っても害が少ない。

[おから系猫砂のデメリット]:
  • 紙系の砂より重い。
  • 固まった後、崩れやすい。
  • 猫が尿をした場所が見つけにくい。
  • 粒が小さめなので飛び散りやすい。
  • 尿のアンモニアの消臭力が弱い。
木系 [木系猫砂のメリット]:
  • 燃やせる、「可燃ゴミ」に出すことが出来る。
  • トイレに流せる商品もある。
  • 粒が小さめなので、鉱物系の砂に近く、猫が気持ちよく砂かけできる。
  • 鉱物系の砂よりは軽い。
  • ひのきの香りがするため、消臭効果が強い。
  • オガクズから出来ているので天然素材で安全。

[木系猫砂のデメリット]:
  • 砂のひのきの香りが強い。
  • 尿で固まった砂が崩れることがある。
  • 猫が尿をした場所が見つけにくい。
上記の表で、猫砂のメリットとデメリットをあげてみましたが、あくまで参考程度にして置いてください。

何故かといいますと、商品レビューを見ていれば分かりますが、常に正反対の意見をいう方もいるからです。

結局は、これらの評価は、それぞれ人の主観ですので、高評価の猫砂が、あなたの「猫ちゃん」にとって良いわけではなく、あなたの家の猫ちゃんに最適な猫砂は、いくつか試してみてでないと分からないのです。


ADVERTISEMENT

常陸化工の猫砂


[固まる紙製猫砂 ファインブルー]:
  • 大粒のペレットで散らかりにくい。
  • 使った後は、トイレに流せる。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • リサイクル素材を使用。
  • しっかり固めて、脱臭。



[おからの猫砂 グリーン]:
  • 食品のおからが主原料で安心安全。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • おから独特の臭いを抑えたグリーンの粒。
  • 粉末状の埃の飛散が少ないので猫ちゃんに優しい。
  • ★ねこ茶も使っています:大きさが不揃いなのが残念。
  • ★ねこ茶の評価:★★★★(4.0点)

[トイレに流せる木製猫砂]:
  • 大粒のペレットで散らかりにくい。
  • 使った後は、トイレに流せる。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • ヒノキの香りで強力脱臭効果。
  • 粉末状の埃の飛散が少ないので猫ちゃんに優しい。
  • しっかり固まる。

新東北化学工業の猫砂


[ペーパーズグリーン]:
  • 濡れた箇所の色が変わるので、お掃除が簡単。
  • 大粒のペレットで散らかりにくい。
  • 使った後は、トイレに流せる。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • リサイクル素材を使用。
  • しっかり固めて、脱臭。
  • ★ねこ茶も使っています。
  • ★ねこ茶の評価:★★★★(4.5点)

[ペーパーズグリーン石鹸の香り]:
  • 濡れた箇所の色が変わるので、お掃除が簡単。
  • 大粒のペレットで散らかりにくい。
  • 使った後は、トイレに流せる。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • リサイクル素材を使用。
  • しっかり固めて、脱臭。
  • 石鹸の香り。

[天然檜の猫砂]:
  • フィトンチッド効果で抗菌・消臭に力を発揮。
  • 大粒のペレットで散らかりにくい。
  • 素材に天然の有機物を使用。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • 吸水性がよく、小さくしっかり固まる。
  • 飛び散りが少ない造粒工夫。

ライオンの猫砂


[お茶でニオイをとる砂]:
  • 濡れた箇所の色が変わるので、お掃除が簡単。
  • 大粒のペレットで散らかりにくい。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • しっかり固めて、お茶カテキンの力で脱臭。
  • ★ねこ茶も使っています:普通の紙タイプ。
  • ★ねこ茶の評価:★★★★(4.0点)
  • ※トイレには流せません。

[ポプラでニオイをとる砂]:
  • 濡れた箇所の色が変わるので、お掃除が簡単。
  • ポプラの木を使用。
  • 使った後は、可燃ごみに出すことが出来る。
  • しっかり固めて、崩れにくい。
  • 甘い良い香りがする。
  • ★ねこ茶も使っています:質感・香りは良いですがホコリっぽいです。
  • ★ねこ茶の評価:★★★☆(3.5点)
  • ※トイレには流せません。

[システムトイレ用 ひのきでニオイをとるチップ]:
  • 各社のシステムトイレに使用できる。
  • 国産ひのき使用。
  • 約2ヶ月交換不要。
  • 濡れても固まらず、崩れにくいチップ。
  • 燃えるゴミとして出せる。
  • スノコが汚れにくい。
  • ※トイレには流せません。


ADVERTISEMENT

商品レビューにちょっと反論:
それぞれのユーザー様が、自分の感想を述べることの出来るレビューは、下手な広告よりよっぽど信用できる場合が多いのですが、猫砂に関してはちょっと気になるレビューがあったので、ねこ茶も意見しておきます。

これらのレビューは、今までとは違う種類の猫砂を使ったときに「以前の猫砂」との違いを認めず、マイナス点にしてしまっているように感じます。どの砂も、飼い主さんが扱いに慣れなければ「悪い砂」ということになってしまいます。

1.紙系の砂を使ったらトイレの底がヌルヌルして汚れを取るのが大変。
これは、トイレに入れる砂の量が少なすぎるのが原因です。もっと厚く敷けば、紙の猫砂は、尿がトイレの底に到達する前にすべて吸収してしまいます。

2.紙系の砂固まった部分がヌルヌルしている。
これは、猫ちゃんが尿をした直後なので、猫砂を固める糊が固まっていないだけです。すこし時間を置けば、ちゃんとスコップで、すくえる位しっかりと固まります。

3.●●の砂を使ったら以前より粉っぽくなった。工場が変わったのか?
その可能性は否定できませんが、輸送環境や保管環境が変わった可能性の方が高いと思います。ねこ茶は、コーンフレーク好きなのですが、箱パッケージでガッチリ保護されているコーンフレークですら、食べ終わりの最後の方は粉ばかりパラパラ出てきます。これは、工場出荷時に入れた粉ではなく、輸送時に中身が擦れあって砕けて出てきた粉ですよね。

猫砂は、コーンフレークより粗末なパッケージに入っていて、輸送時、店先での陳列時には手荒に扱われます。これで、中身の砂が砕けない筈がありません。
ですから、広告で「粉っぽくない」と謳っているのに、ホコリっぽい!!というのは、いつもあり得る話だと割り切って考えた方が良いと思います。


猫ちゃんの飼い方に関するページ一覧は下記のリンクへどうぞ
amazonで買える猫砂

ポイント:ペットシーツ(32cm×44cm)180枚。

ポイント:ペットシーツ(44cm×60cm)90枚。